不動産業界で働くには宅建は必須?

不動産で働く場合に宅建は本当に必要?

不動産と宅建について

不動産業者に飛び込みたい!そう思っているけれど、結局まだ宅建の資格を所持していない。取得してからその業界へ飛び込めば良いのですが、宅建は必ず必要な資格なのでしょうか? 結論として義務として取得の必要はありませんが、やはり所持しておいた方がベターです。

宅建士になるメリット・デメリット

多くの方が資格所持に励む宅建ですが、所持するとどのようなメリットがあるのでしょうか? 資格取得をする事で得られるメリットや特徴だけではなく、考えられるデメリットについても紹介しています。取得は早ければ早い程良いので、これを機に目指してみませんか?

独学・通信教育どっちがいいの?

宅建保持のためにこれから勉強をする!しかし様々な勉強方法があるので、どれが良いのかわからない。そんな方に宅建の勉強方法について説明しています。 自分に合った勉強方法が見つかれば合格率もアップしますし、楽しく勉強が出来るのでストレスになりません。

必ずしも必要ではありません

住宅や土地の契約をする際、多くの方が利用する不動産ですがこの業界はどのような仕組みでなりたっているのでしょうか?
まず不動産で働く方の多くが所持している宅建という資格。この資格の正式名称は宅地建物取引士です。この資格は国家資格であり、土地や建物の売買や契約、あっせんを行う事が出来る資格です。
基本的に不動産が関わるものは多くの費用が必要ですし、ユーザーは宅建士の様な知識がある訳ではありません。そのユーザーが不動産や取引の意味を理解出来るように説明するのが宅建士の役割です。取引や売買に関する説明はこの宅建を保持していないと出来ないですし、何度か不動産へ行くと同じ方が毎回説明をしているのが分かると思います。この説明をしているのが宅建士で、忙しいからといって資格を持っていない方に説明をさせるのは違法です。このような事が起こらない様に不動産では、説明をする前に宅建士の資格をユーザーに見せてくれるところもあります。
ちなみにこの宅建士の資格ですが、合格率は15~17%となりやや難易度が高いと言えます。しかし不動産業界で働くならかなり有利な資格ですし、キャリアアップを考えている方にもぴったりです。
ここでは宅建士の必要性や、働く上でのメリット、更には勉強方法についても説明しています。これから不動産業界へ参入したいと考えている方はもちろんですが、営業だけではなくキャリアアップを目指す方に役立つ情報を公開しています。