不動産で働く場合に宅建は本当に必要?

>

不動産と宅建について

絶対に必要なんて事はありません

不動産業界の求人を見ていると、多くの求人内容が営業職です。確かに営業職は、多くの不動産の中から自社を選択してもらう為に多くのアイディアや手法が必要になります。どの業界にも言える事ですが営業は対面での対応でありマナーや接客が大きく関わっているので、とても難しい業種なので離職率も多いのです。
そんな不動産の営業ですが、必ずしも宅建を保持している必要はありませんし、設置義務としては1つの事務所、または5人に1人宅建士が入れば違法ではありません。
この業界には宅建士の資格を保持していなくても、高い成績を収めている営業もいます。また不動産業界で働きながら独学で勉強中という方も多くいますので、資格を持っていない方といって飛び込めない訳ではないのです。

必要ないなら取らなくてもいいの?

難易度も高いし、取らなくても参入できるなら取得しなくてもいい。本当にそうでしょうか?冒頭で設置義務として取得は必須ではないと申したのですが、不動産を使うユーザーの視点からすると宅建士=不動産商品のプロというイメージがあります。その為、資格保持者からアドバイスや説明、営業を受けたいですし、信頼出来るのではないでしょうか。
また不動産からしても専門知識のある人間であれば、研修の必要もなく即戦力として使えます。不動産業界は常に人不足と言われるほど激務ですし、大変な業界です。
そんな業界で少しでも信頼や実績を勝ち取るには、やはり宅建士の比較は必要だと言えます。企業によっては資格保持者でないと、応募すら出来ないところもある様です。


この記事をシェアする