不動産で働く場合に宅建は本当に必要?

>

宅建士になるメリット・デメリット

メリットは何と言ってもコレ!

宅建の資格を取得すると、多くの企業で手当てが付きます。難易度の高い資格だからこそ、企業側も保持者を手放したくありませんし大切にしていきたいと思っています。また資格を保持しているだけで手当てがつくなんてこちらとしては嬉しいですし、周りと差がつくので自分の仕事に自信が持てます。
また宅建士になり実務経験を積んでいく事で、自然とその内容に詳しくなり深い知識が手に入れられます。知識はどこにも売っていませんし、自分で得るしかありません。信頼出来るからこそ多くの仕事を与えられるのはとても嬉しい事ではないでしょうか。
そして何と言っても転職に有利です。不動産関連はもちろんですが、難易度の高い資格を所持していると努力が認められやすくなります。

デメリットは存在するの?

単に資格を持っているだけでデメリットが生じる事はあるのでしょうか?基本手にはありませんが、宅建士になるのは深い知識が必要です。そのために勉強する事になるのですが、その勉強時間がデメリットに感じられるケースもある様です。
サラリーマンが会社に務めながら勉強すると約1年程度の時間は必要ですので、人によっては時間が掛かり過ぎるという事もあるでしょう。
またスクールへの月謝や参考書などのコストも当然発生します。そしてもう一つのデメリットが仕事量です。業界では大変ありがたがられる資格ですし、人員が不足している事が多いので必然的に多くの仕事を任される事もあります。但しこれは経験だと思うか、仕事が面倒だと思うかによってはメリットにもデメリットにもなります。


この記事をシェアする