不動産で働く場合に宅建は本当に必要?

>

独学・通信教育どっちがいいの?

応募資格や試験の範囲は?

宅建を受けるにあたって、必要な応募条件はあるのでしょうか?この資格は年齢・性別・学歴は特に関係なく、外国人でも受験が出来るので制限がほとんどないと言っても良いでしょう。受験会場も全国にありますので、わざわざ他県へ行く必要もありませんし、受験時期は毎年10月ですので、応募資格に関しては問題はありません。
しかし誰でも受けられる方簡単という訳ではないといえます。試験科目は宅建業法・民法・法令上の制限や税務といった多くの分野をカバーしてなければなりませんので、全くの初心者から宅建に合格するのはかなりのハードル高いと言えます。
ちなみに合格ラインは50点満点中、31~36点となりますので少なくとも60%以上の正解率が必要です。

どれが自分に合った勉強方法?

自分に合った勉強方法が分かればストレスなく励めるので、結果的に資格取得までの時間短縮となります。宅建はどのような勉強方法があるのでしょうか?
多くの方は参考書を購入して、独学で勉強している様です。参考書で概要を知り、過去問を解き苦手分野をピックアップして復習する。このスタンスが有効だと言われています。
コンスタンスにコツコツとやっていける方は良いのですがモチベーションが低下しやすい、あるいは変化を求める方には向いていません。
スクールで試験対策を行う方法もあり、この方法は自分のレベルに合わせてコースを選択出来るので脱落が少ないのが特徴です。しかし毎月の費用が発生しますし、複数人で勉強をするのが苦手な方には向いていません。


この記事をシェアする